A Choral Suite "Ako'ngare-to Tomoni (With Adoration)"

 for Male Chorus and Piano

合唱組曲「憧れと共に」

 男声合唱版

Text and Music by Kentaro Sato (Ken-P)

作詞・作曲 佐藤賢太郎(Ken-P)

TTBB ver. (男声版)

SATB ver. (混声版)

 All available printed scores from Amazon are listed on the follwoing pages; USA, UK, Canada, Germany, France, Italy, Spain, and Japan.

 日本国内の製本版楽譜こちらのページにアマゾン・ジャパンへの全リンクを掲載しています。また、株式会社パナムジカにも楽譜を納品させていただいております。

click to play audio/ クリックして再生

TTBB ver. (男声版)

1. 歌に憧れて [Uta-ni Ako'ngarete (Falling in Love with Singing)]

2. 音楽になって [On'ngaku-ni Na'tte (Music Coming to Be)]

3. 決意 [Ke'tsui (Determination)]

4. 僕が歌う理由<わけ> [Boku-nga Utau Wake (Why I Sing)]

5. 僕の歌が続く理由<わけ> [Boku-no Uta-nga Tsu'dzukuwake (Why My Music Continues)]

1. 歌に憧れて (短縮版) [Uta-ni Ako'ngarete] short ver.

4. 僕が歌う理由<わけ>(a cappella entry. 無伴奏)

5. 僕の歌が続く理由<わけ>(短縮版) [Boku-no Uta-nga Tsu'dzukuwake] short ver.

click to play audio/ クリックして再生

SATB ver. (混声版)

1. 歌に憧れて [Uta-ni Ako'ngarete (Falling in Love with Singing)] [SATB]

1. 歌に憧れて (短縮版) [Uta-ni Ako'ngarete] short ver. [SATB]

YouTube Video List

Male ver. / 男声版

4th movement only

4th movement only SATB ver. /四楽章混声版

Text/歌詞

日本詩 / Japanese Lyrics

1. 歌に憧れて

初めて音楽に出会ったときのことなんて
覚えていないけど
初めて音楽に恋をしたときのことは
なぜか覚えているんだ

あの時から
無数のメロディーに心奪われ
歌声に心動かされ
体全てが音楽で満たされたときの
あの胸の高鳴り追いかけて
いつの間にか

歌に憧れて
音楽に憧れて
少し背伸びして手にとった楽譜に
僕の音楽は流れ出した

あの曲に憧れた
音楽に憧れた僕の心は
歌い出してしまった
いつの間にか

 

初めの舞台の記憶なんて
かすかに残る思い出だけど
僕を照らした光の眩しさだけは
なぜか覚えているんだ

あれから何回
音楽に心洗われ
歌声に心揺さぶられ
体全てが情熱に溢れた人の
あの輝き追いかけて
いつの間にか

舞台に憧れて
声の力に憧れて
自分の想いを伝えられる空間で
僕の心は育ち始めた

そして歌に憧れた
音楽に憧れた僕の心は
歌い出してしまったんだ
いつの間にか


2. 音楽になって

誰もいない音楽室
僕だけの音楽室
そっと静かに
ピアノの蓋をあけて
人差し指でなぞった優しいドレミの音

始まりは
いつものドレミの音にのせて
歌の練習から

声にのせて 音たちが
つながりあい かさなりあい
僕の中に 流れる音楽に
心の中の音符たちは
音を 色を 動きを
命を吹き込まれて
音楽になって消えた

 

楽譜を開けば そこには
誰かが書いた
白黒の音楽の設計図

そっと静かに
声に想いをこめたら 音たちが
つながりあい かさなりあい
僕の心から流れる音楽に
楽譜の上のただの記号たちは
音を 色を 動きを
命を吹き込まれて
音楽になって 嬉しそう消えた

 

3. 決意

無数の夢見る人たちの中で
憧れを決意に変えた人がいた
無数の夢に満ちた暗闇の中で
静かに心を燃やす人がいた

迷いを抱きしめる覚悟を
焦りを飲み込む覚悟を
自分を見つめる覚悟をした人がいた

分かれ道で立ち止まる人たちの中で
一人 静かに歩き始めた人がいた

 

4. 僕が歌う理由<わけ>

鳥がさえずるわけを知りたいなら
風に口笛の音をのせてみればわかるさ
大きな自然に抱かれ明日を夢見る幸せ
そして 共にさえずる誰かが集う喜び

僕が歌うわけもわかるだろう?
この歌が消えていく先にある何かを
ここに集う仲間と
そして あなたと感じるためさ

 

5. 僕の歌が続く理由<わけ>

僕は今まで
いくつの夢を見たのだろう?
いくつの憧れを いくつの願いを
言葉に 歌に
音楽に託したのだろう?

いつか僕が受け取った多くの憧れは
音楽となって誰かの心へとそっと旅立った
そして憧れがつないだ この絆は
新たな出会いへと
挑戦へと 僕を動かした

初めて音楽に出会った時のことなんて
覚えていないけど
あの時 音楽に見た憧れだけは
なぜか僕の中で輝いてるんだ

歌に憧れて
音楽に憧れて
あの時 背伸びして手に取った楽譜が
また僕を音楽へ誘いだした
そして歌に憧れた
音楽に憧れた僕の心は
歌い続けていくんだ これからも
憧れと共に

 


English Translation / 英語訳

1. Falling in Love with Singing

I may not recall
when I first encountered music.
But I somehow recall
when I fell in love with it.

Since then,
I have been transported by countless melodies,
and my heart often has been moved by voices singing.
I have tried to recapture the moment
when I was filled with music, and excited by it.
Before I realized it,
I had fallen in love with singing,
and I had fallen in love with music.
When first I stretched to grasp a score,
that was when the music in me emerged.

My heart, which fell in love with songs—
My heart, which fell in love with music,
had started singing,
before I realized it.

I barely recall
when I first performed on stage.
But I somehow recall
the brightness of the stage lights on me.

I wonder
how many times music has bathed my heart,
and how many times singing voices have moved me.
I have pursued the brilliance that
only performers with passion can radiate.
Before I realized it,
I had fallen in love with performance,
and I had fallen in love with the power of the voice.
On stage where I could reveal myself,
my heart had started to grow.

My heart, which fell in love with singing—
My heart, which fell in love with music,
had started singing somehow,
before I realized it.

2. Music Coming to Be

An empty music room...
A music room for me alone...
Gently and quietly,
I open the lid of the piano,
and gently I play do, re, mi.

I have always started my practicing
by singing a scale to warm up.

Whenever I sing,
the sounds are connected and layered,
and they become the music of my heart.
The musical notes in my heart
emerge as sounds, colors,
movements, and souls.
They become music and melt into the air.

Whenever I open a score,
I see a black-and-white blueprint
that someone has written.

Gently and quietly,
when I pour my feeling into my voice,
the sounds are connected and layered,
and they become the music of my heart.
The musical notes and symbols of the score
become sounds, colors,
movements, and souls.
They become music,
and happily melt into the air.

3. Determination

Among millions of dreamers,
there is one who has transformed adoration into determination.
In the darkness full of dreams,
there is a person who has ignited his heart.

He has determined to embrace his doubts.
He has determined to control his impatience.
He has determined to see his true self.

Ahead of me, at a standstill at a crossroads,
there is a person who has started quietly to walk forward.
There is such a person...

4. Why I Sing

If you wish to know why birds sing,
you should whistle to the wind.
Within the embrace of nature,
you will find happiness by dreaming about tomorrow,
and joy by singing together with your friends.

Now you know why I sing, don’t you?
It is to feel something, as this song fades, that lies beyond—
to feel it with my friends—
and with you.

5. Why My Music Continues

I wonder
how many dreams I have had.
I wonder how much adoration and how many wishes
I have poured into words, songs,
and music.

Many of my earlier dreams went forth in song
to touch someone else's heart gently.
Yet the connections that they revealed to me then
keep urging me always to pursue
new encounters and challenges.

I do not recall
when I first encountered music.
But the adoration that I have felt for music
has stayed in me brightly and surely.

I have fallen in love with singing,
and I have fallen in love with music.
And the old score that I managed to grasp
has called me to music again.
And so, my heart, which fell in love with songs—
My heart, which fell in love with music,
has continued to sing forever and ever,
with adoration for music.


Program Note (JPN Only) / プログラムノート

「憧れと共に」によせて (初演時のプログラムノートより)

 本楽曲「憧れと共に」は、2014年7月5日に行われた第53回明立交歓演奏会のために作詞・作曲された立命館大学メンネルコール・明治大学グリークラブによる合同委嘱曲である無伴奏男声合唱曲「僕が歌う理由<わけ>」を第四楽章として含む全五楽章のピアノ伴奏付男声合唱組曲です。私の合唱作品としては、初めてのオリジナル日本語男声合唱組曲となります。
作品の主題は、先行して制作されていた第四楽章の題でもある「僕が歌う理由」です。団員のほぼ全員が初心者として入団してくる明治大学グリークラブですが、 様々な活動の可能性があっただろう大学生活の中で、合唱を選んだ(選んでしまった!)学生の「音楽を選んだ自分たち」を歌う作品、そして人生の少し先を行く私からの学生達の今後の人生に向けた想いをこめた作品になることを願って作詞作曲を行いました。また、本組曲は機会があれば混声版等をつくること、本組曲「憧れと共に」の第一楽章を最終曲とした「憧れを追いかけて」という主に中高生を対象とした作品をつくることも視野に入れた広がりのある作品となっています。
この楽曲を創作するにあたりインスピレーションの源泉となった明治大学グリークラブ、立命館大学メンネルコール、そして今でも合唱活動を続けている各団体のOBの皆様に御礼を申し上げます。

 第一楽章「歌に憧れて」では、「憧れて」という言葉がもつ八分音符の上昇音型が随所に現れながら音楽がゆったりと進んでいきます。第二楽章「音楽になって」では、全編に流れるピアノによるシンコペーションを含むリズ ミカルなモチーフにのせて合唱が伸びやかに、そして時には重なりあいながら旋律を作っていきます。第三楽章「決意」では、短調の響きの中で、半音や全音の 音のぶつかりが厳しさを表していきます。今回は、ピアノ伴奏付ですが、この第三楽章は無伴奏でも演奏が可能です。第四楽章「僕が歌う理由<わけ>」は、第一楽章にも通じるピアノの前奏に導かれる無伴奏曲です。男声合唱が作り出す温かな和音の響きに続いて休止することなく、最終楽章である第五楽章「僕の歌が続く理由<わけ>」のピアノ前奏が始まります。この楽章では、それまでの楽章のモチーフや音型が随所に再登場していき、最後には第一楽章のリプライズにのせて合唱が組曲のタイトルでもある「憧れと共に」の歌詞に向かっていきます。

 

about the Commission and the Premiere

 The 4th moment of the work was commissioned by the Ritsumeikan Univ. Männer Chor and Meiji Univ. Glee Club, and premiered by two choirs conducted by the composer on Jul. 5, 2014. The entire suite was commissioned by Meiji Univ. Glee Club, and premiered by the Glee Club conducted by the composer on Dec. 11, 2015.
 The 1st moment of SATB version was commissioned by the Chorus Felice (Tokyo, Japan), and premiered by the choir conducted by Masako Kato, piano accompanied by Asami Suetaka on Jul. 10, 2016.


委嘱・初演に関して

 本楽曲の第4楽章は立命館大学メンネルコール・明治大学グリークラブによる合同委嘱作品で、初演は2014年7月5日第53回明立交歓演奏会にて行われました。本組曲は、明治大学グリークラブによる委嘱作品で、初演は2015年12月11日、明治大学グリークラブ第64回定期演奏会にて行なわれました。
 混声版の第一楽章は、合唱団Feliceによる委嘱作品で、初演は2016年7月10日に第71回東京都合唱祭にて同団(指揮・加藤雅子、ピアノ伴奏・末高麻美)により行われました。