A Choral Suite "Shiawase-wo Ta'shikametakute (Clinging to Happiness)"

 for Male Chorus and Piano

合唱組曲「幸せを確かめたくて」

 男声合唱版

Text and Music by Noriyuki Makihara, Arr. by Kentaro Sato (Ken-P)

作詞作曲・槇原敬之、 編曲・佐藤賢太郎(Ken-P)

TTBB ver. (男声版)
 Review ONLY (No PDF sale) / レビューのみ(本楽曲は電子ライセンスでは購入できません) 

 All available printed scores from Amazon are listed on the follwoing pages; USA, UK, Canada, Germany, France, Italy, Spain, and Japan.

日本国内の製本版楽譜こちらのページにアマゾン・ジャパンへの全リンクを掲載しています。

click to play audio/ クリックして再生

1. SPY [Supai (Spy)]

2. 雷が鳴る前に [Kaminari-nga Naru Mae-ni (Before the Next Thunderclap)]

3. どうしようもない僕に天使が降りてきた [Dō'shiyōmonai Boku-ni Ten'shi-nga Oritekita (The Angel Descended to Miserable Me)]

4. 今年の冬 [Koto'shi-no Huyu (This Winter)]

YouTube Video List

Text/歌詞

日本詩 / Japanese Lyrics

The following text is used under the fair-use clause of the US Copyright Act.

1.  SPY

おあずけになったデートにがっかりしていたけど
偶然君を見かけた なんて運命的な2人
おめかしと言うよりちょっと変装に近い服で
出会った頃ならきっと見過ごしてた
ひょっとしたら別のやつと会ってたりして
跡をつけてみよう イタズラ心に火がついた

だけど 信じてる 信じてる 君を信じてる
2人の日々が大丈夫だと 背中を押す
指令は下された
僕はTシャツとやぶけたジーンズに身を固めたスパイ

超能力者のように彼女をだましてやれ
「今日 あの娘と会ってたろ」
驚く顔が見たい
高そうな車の横で君は急に立ち止まる
運転席の男が軽く手を上げた
僕の胸が急スピードで高なる
君はまわりを気にしながらヤツとキスをした

しゃれになんないよ なんないよ
悪い夢ならば 早めにさめてと呪文のように 叫んでる
真実を知ることがこんなにつらいなら
僕は スパイになんかなれない

嘘をついてまでほしい幸せが僕だったのかい?
涙が出てきた
今僕を笑うやつはきっとケガをする

だけど信じてる 信じてる どうか信じさせて
両腕がじんと熱くなる位 抱きしめた強さ
君の身体に アザのように残ればいい
そしていつか思い出して
嘘も見抜けない程恋に落ちた役立たずのスパイを


2. 雷が鳴る前に

突然雨が降り出して僕のリュックと肩がにじんで
何だか急に君に会いたくなった
駅前のTAXI乗り場は明日の休み知ってる人達
笑顔の比率が高い
僕は明日も早い

とにかく公衆電話まで行こう
確かコンビニが近くにあった
憶えたての君の番号 もうソラで言えるかな

次の雷が鳴るまでに数をかぞえたあの頃は
まだ君を好きになるなんて思わなかった
雷鳴が記憶のジャマをするけど なんとか思い出すよ
こういう気持ち 「セツナイ」と言うんだろ?

そっちも雨が降ってるの? ホラまた今 空光った
ごめん いざとなると急にテレてしまう
こんなことをしてるうちに新しい靴がもうビショぬれ
「次の雷が鳴る前に言って」と君が笑う

例えば紙くずを投げ入れたり
横断舗道を渡るときに
何か1つルールを決めて
願いをかけたりしてる

だから雷が鳴る前に僕の想いを全部言うよ
雨をよける傘よりも君が大切なんだ
こんなにびしょ濡れだけれど雨やどりしている気分だよ
もう少しだけ 僕と話していて

次の雷が鳴るまでに僕の想いを全部言うよ
雨をよける傘よりも君が大切なんだ
こんなにびしょ濡れだけれど雨やどりしている気分だよ
もう少しだけ 僕と話していて

 

3. どうしようもない僕に天使が降りてきた

勢い良くしまったドアで 舞いあがった枕の羽
今夜はついに彼女を怒らせてしまった
昔の恋人のくれためざまし時計を
何度言われてもずっと使ったのが気にいらない

飛び出した彼女の手の中でチクタクまるで時限爆弾
近くの空き地に違いない
今すぐ追いかけよう

走る君の髪で シャッで揺れるたくさんの白い羽
いっぱい道路に落ちてる「本当は探してほしい」
走る僕の髪で シャッで揺れるたくさんの白い羽
君はきっとどうしようもない僕に降りてきた天使

付き合ってもうすぐ一年で ずいぶん仲良くなったから
キスしたって 抱きしめたって 挨拶みたいに思っていた
やっぱり空き地で見つけた
君はなんだか他人みたいに 僕におじぎをしてみせた
「愛を勘違いしないでください」って

君が両手を空に上げて目覚まし時計は飛んでいった
まるで誰かを見送るようにそっと微笑んで

まだ君の髪で シャツで揺れるたくさんの白い羽
壊れた目覚ましよりもっと痛かった君の気持ち
時々天使は僕らに悪戯をして教えるよ
誰かを愛するためにはもっと努力が必要

まだ君の髪でシャツで揺れるたくさんの白い羽
壊れた目覚ましよりもっと痛かった君の気持ち
まだ僕の髪でシャツで揺れるたくさんの白い羽
君は きっとどうしようもない僕に降りてきた天使

帰ったら部屋の掃除は僕が全部やるから
一緒に帰ろう

 

4. 今年の冬

電気ストーブの低いノイズと君の寝息がとける頃
そっとベッドからぬけ出してキッチンでミルクをついだ
幸せを確かめたくて眠れない夜があるね
目ざましの赤いLEDが誕生日の日付けになった

気に入ってたセーターを相棒の犬がかんでいて
ひどく叱りつけていたら「あげたのは私よ」と笑った

今年の冬も僕には君がゆっくり積もる
この街のあたたかいものを集めても君にはかなわない
去年の寒かった夜 雪が降った日のように
何時でもかまわずに僕をゆりおこす君でいて

手渡しでもらう年賀状はもちろん宛名もないけれど
二人の名前で誰かに送る日のことを思った

からっかぜが窓をゆらす
自慢できることといえば
ポケットを君にぴったりの手袋に変えれることくらい

新しいカレンダーにはいろんな記念日があるけど
別に何でもないときこそ そばにいる2人でいよう
全てに慣れることで君がいなくならないように
言葉で伝えられなくても僕は僕のことをがんばる

今年の冬も僕には君がゆっくり積もる
この街のあたたかいものを集めても君にはかなわない
僕とまちがえて君が抱きしめて眠る犬に
少しだけヤキモチをやいた自分にてれる冬の夜


English Translation / 英語訳

The following text is used under the fair-use clause of the US Copyright Act.

1. Spy

Although I was disappointed by your cancelling our date,
I accidentally spotted you walking. How wonderful!
Your clothes made you look like someone else.
I might have overlooked you, if we had not met before.
I wondered who you would be meeting.
So, I followed you like a mischievous child.

I believed what you said.
This could not change our relationship.
Nevertheless, in my mind, I had a mission.
I would be a spy in my T-shirt and worn-out jeans.

I wanted to play a little mind-reading trick on you later.
By telling you, "You met your best friend today,"
I wanted to amaze you with my insight.
You stopped beside an expensive-looking car.
The guy behind the wheel waved his hand at you.
My heart pounded fast.
You kissed the guy like a long-time lover.

“What! What the hell!”
My heart screamed, “Wake up! This is a nightmare.”
If knowing the truth hurts this much,
I am not fit to be a spy.

What was I to you? How could you want me if you were cheating?
Tears started to fall.
If anyone laughed at me now, he’d be very sorry.

I wished that I had completely misunderstood what I saw.
My arms remembered when I held you tightly.
But now, I wish that I had left a mark on you,
and I wish that someday it would remind you of me:
the failed spy who blindly fell in love with you.

 

2. Before the Next Thunderclap

Rain started and wet my backpack and shoulders.
It suddenly made me miss you.
Many people were waiting for a taxi in front of the station.
They looked happy because tomorrow is a holiday.
But tomorrow I need to wake up early for work.

I remembered that
the convenience store over there has a public phone booth.
Surely, I memorized your number!

As I paused to count the seconds before the next thunderclap,
little did I think that I had fallen in love with you.
The thunderclaps tried to drown out my memory.
My frustration’s name was “heartache,” wasn’t it?

“Is it raining over there? Hey, now there is lightning.”
I’m sorry to be so indecisive.
Even my new shoes are dripping wet.
“Please, speak up before the next thunderclap,” you laughed.

There were times when we tossed junk into a trash can,
or walked across the street on a green light,
we would just make up a game, and if we won,
good things would come to us.

So, I decided to pour my heart out before the next thunderclap.
You were more important than an umbrella.
Your voice felt like an umbrella.
I wish this moment could continue a little longer.

I decided to pour my heart out before the next thunderclap.
You were more important than an umbrella.
Your voice felt like an umbrella.
I wish this moment could continue a little longer.

 

3. The Angel Descended to Miserable Me

A door closed with a bang, and feathers flew out of a pillow.
This time I did it. I upset her.
It was my fault because she told me often
that she didn’t like the alarm-clock that was a gift from my ex.

Ticking away, it was like a time bomb in her arms.
I thought that she had run away to deserted land near here.
I must go after her.

Many white feathers fell from you.
And they seemed to be saying, “Look for me.”
White feathers were everywhere, even on me.
After all, you were the angel who descended to miserable me.

We had been dating for almost a year,
and I started to take your presence for granted.
I found you in the land.
You bowed to me as though we were strangers,
and you said “Don’t misunderstand what love is.”

The alarm-clock was cast away and flew from your arms.
You smiled as though you were saying farewell.

Many white feathers fluttered on you.
What you felt about me made me feel worse than the broken clock.
Angels everywhere have been teaching this lesson to men like me:
“You’d better work harder if you love someone.”

Many white feathers fluttered on you.
What you felt about me made me feel worse than the broken clock.
White feathers were everywhere, even on me.
After all, you were the angel descended to miserable me.

I swear that I will clean our place.
So, would you come back to me?

 

4. This Winter

When the low noise from a heater and your breathing melted together,
I sneaked out of bed to give myself a cup of milk.
My nights were sleepless from trying to cling to my happiness.
The red light of the clock told me that it was my birthday.

My dog was chewing on my favorite sweater the other day,
and when I scolded the dog, you smiled and said, “I gave it to the dog.”

Again, this winter, you gently covered me like snow.
You were warmer than everything around us combined.
I wished that you would remain who you were,
innocently waking me up just because you noticed that it was snowing.

My name won’t be on a personally delivered New Year’s card from you.
I wondered if in the future we'd be together, sending our greeting cards.

Strong winds blow against the windowpane.
There were not many things about me that made me proud.
But I could warm you, turning my pockets into your gloves.

There are many anniversaries in a new calendar,
but I wish we could be a couple who celebrated ordinary days together.
I would do my best and love you,
so that the ordinariness would not wash you away.

Again, this winter, you gently covered me like snow.
You were warmer than everything around us combined.
I blushed a bit, realizing that I childishly felt a little jealous of my dog
that you hold in your arms, mistaking it for me.

English Transaltion by Kentaro Sato (Ken-P), Special Thanks to Dr. Robert Zaslavsky

Program Note (JPN Only) / プログラムノート

「幸せを確かめたくて」によせて (初演時のプログラムノートより)

 本組曲は、シンガーソングライター槇原敬之の作品の中から4曲を取り上げた編曲作品です。今回、ポピュラー音楽の編曲にあたり、学生に歌いたい曲やテーマ、アーティスト等を挙げてもらったのですが、その中から私がいくつかのテーマに沿って選択した案の中の「恋愛」をテーマにしたものが形になった作品です。

 1曲目「SPY」は、1994年に発売された12枚目のシングルCDのタイトル楽曲です。映画「007」シリーズを感じさせる「スパイもの」の楽曲の流れにのって物語が展開されていきます。

  2曲目「雷が鳴る前に」は、1992年に発売された3枚目のアルバムCD「君は僕の宝物」に収録された楽曲です。大切なことをする前に「願かけ」をすること、みなさんが最後にそんなことをしたのはいつでしょうか?

3曲目「どうしようもない僕に天使が降りてきた」は、1996年に発売された15枚目のシングルCDのタイトル楽曲です。「誰かを愛するためには、もっと努力が必要」ということを、男はバカなので忘れてしまうことがあります。ごめんなさい。

 4曲目「今年の冬」は、1994年に発売された5枚目のアルバムCD「PHARMACY」に集録された楽曲で本組曲のタイトル「幸せを確かめたくて」は、この楽曲の一節になります。優しい旋律にのせて、幸せがゆっくりと降り積もっていきます。

  人生において、私たちは多くの恋や愛を経験することになるでしょう。一つの恋の終わりから、また大切な人と過ごす時間を感じることができるまでを歌う本組曲ですが、どんな人生であれ、「最後の恋愛」が一番素敵で幸せなものになっていたいものです。

about the Commission and the Premiere

    Shiawase-wo Ta’shikametakute is a choral suite that consists of four Japanese popular song arrangements. It was commissioned by Meiji University Glee Club for its 65th annual concert. The original songs were written by the Japanese male singer-songwriter, Noriyuki Makihara.

委嘱・初演に関して

 本編曲は明治大学グリークラブによる委嘱作品で、初演は同団体(指揮・木村瑞希、ピアノ・村田智佳子)により2016年12月4日、明治大学グリークラブ第65回定期演奏会(杉並公会堂大ホール)にて行なわれました。