A Choral Suite "Uta'ngoe-wa Kawarazu (Changeless Singing)"

 for Mixed Chorus and Piano

合唱組曲「歌声は変わらず」

 混声合唱版

Text and Music by Kentaro Sato (Ken-P)

作詞・作曲 佐藤賢太郎(Ken-P)

SATB ver. (混声版)

 All available printed scores from Amazon are listed on the follwoing pages; USA, UK, Canada, Germany, France, Italy, Spain, and Japan.

日本国内の製本版楽譜こちらのページにアマゾン・ジャパンへの全リンクを掲載しています。

click to play audio/ クリックして再生

新しい歌へのプレリュード [Prelude to a New Song]

1. 歌が聞こえる [Uta'nga Kikoeru (I Hear a Song)]

古き日へのインタールード [Interlude to the Old Days]

2. あの頃 [Ano Koro (Those Days)]

今日へのインタールード [Interlude to Today]

3. 今日もどこかで [Kyō-mo Dokokade (Somewhere, Yet Again)]

YouTube Video List

Mixed Chorus ver. / 混声版

Text/歌詞

日本詩 / Japanese Lyrics

今日もどこかで
新しい歌が響く

1. 歌が聞こえる

歌が聞こえる
それは春をつげる風のように
私を柔らかく抱きしめて消えてゆく

歌が聞こえる
それは木陰の豊かな木漏れ日のように
私にささやいてくる
語りかけてくる

歌が聞こえる
それは鮮やかに舞う紅葉のように
私の心を色づかせ
そして時に 厳しい木枯らしのように
私の心の強さを試してゆく

歌が聞こえる
それは眠る想いを目覚めさせ
そして いつも歌は私に流れる旋律に
新しい命を吹き込んで響いてゆく

歌が聞こえる
今日も歌が聞こえる


 

今日もどこかで
懐かしい歌が聞こえる

2. あの頃

少しだけ
あの頃を思い出していいですか?
あの頃の私に
勇気をもらうために

少しだけ 今だけ
思い出を見つめていいですか?
過去の誇りを守るためではなく
過去のほこりを払うために

きっと一番大切なものだけでいいのです
私が明日に持っていくべきものは

価値のあるもの
価値を誰かに縛られているものを
そっと昨日に置いていける そんな勇気が欲しい

だから 少しだけ 今だけ
あの頃を思い出していいですか?
明日を夢見て輝いていた自分に
勇気をもらうために

 

3. 今日もどこかで

今日もどこかで
懐かしい歌が響く
思い出を優しく包む
そんな笑顔に包まれて

今日もどこかで
新しい歌が生まれ響く
今を映す想いをこめた
まだ見ぬ誰かに送る歌が

歌を愛する人が
途切れたことはなく
今日も音楽のもとで
人は何を想うのか

今日もどこかで
新しく歌は響く
消えてゆく音に託された願い
確かめながら

歌の力を信じる人が 
途切れたことはなく
今日も歌声に包まれて
人は何を願うのか

今日もどこかで
歌声は変わらず響く
音楽が結んだ絆を
未来へとつなぎながら

 


English Translation / 英語訳

Somewhere, yet again,
a song is born.

1. I Hear a Song

I hear a song.
Like the first breeze of Spring,
it holds my heart gently and disappears.

I hear a song.
Like the Summer sun streaming through the leaves of trees,
it whispers to me.
It tells me something.

I hear a song.
As Autumn brings tints to leaves,
it colors my heart.
And yet, like the chilling wind of Winter,
it tests my strength.

I hear a song.
It awakens something deep within me.
And it always flows,
animating melodies deep within me.

I hear a song.
Yet again, I hear a song.

 



Somewhere, yet again.
an old song is remembered.

2. Those Days

Let me...
Let me recall those days—
To revive my forgotten courage
from myself in the past.

For a little, even for a little bit...
Let me look into my memories,
not to dwell in my past pride,
but to dust off my past.

I believe that we should pass on the future
only what is most important.

I want to have the courage
to leave behind valuable things,
or things that someone considers valuable,

So... For a little, even for a little bit...
Let me recall those days—
To revive my forgotten courage
from myself, full of hopes, in the past.

 

3. Somewhere, Yet Again

Somewhere, yet again,
an old song is sung,
surrounding memories gently
with many smiles.

Somewhere, yet again,
a new song is born,
reflecting feelings of today
with a yearning to connect with someone we’ve yet to meet.

People who love singing
never have disappeared.
Under the spell of music,
I wonder what we each feel and sing to.

Somewhere, yet again,
a song is reborn,
its fading sounds delivering wishes and hopes
to someone’s heart.

People who believed in the power of singing
never have disappeared.
Wrapped in singing voices,
I wonder what we each wished.

Somewhere, yet again,
singing continues, changeless,
connecting our feelings
to the future by music.

 


Program Note (JPN Only) / プログラムノート

「歌声は変わらず」によせて (初演時のプログラムノートより)

 本合唱組曲「歌声は変わらず」は、「第31回国民文化祭・あいち2016合唱の祭典in愛知」のために新しく書き下ろされたピアノ伴奏付の混声合唱組曲です。今回の国民文化祭の大会スローガンである「愛故知新~伝統を『愛(いつく)』しみ、新しきを知り、文化は動く」をふまえて、歌にまつわる新しいこと、懐かしいこと、そして歌が続いていく情景を楽曲のテーマとして作詞・作曲をいたしました。全3楽章ですが、それぞれの楽曲の前に短い導入部分がついた構成となっています。

  「今日もどこかで新しい歌が響く」という短い合唱の導入部に続く第一楽章「歌が聞こえる」では、ピアノが織りなす流れるような音型にのせて、歌が響く日常や、歌に思い起こされる感情を合唱がさわやかに歌っていきます。

  「今日もどこかで懐かしい歌が聞こえる」という導入部に続く第二楽章「あの頃」は、3拍子とノスタルジックな短調のメロディーにのせて、後ろ向きになった心が求めるかもしれない過ぎ去った「あの頃」の思い出と、今を見つめなおす勇気を合唱が語っていきます。

  一楽章と二楽章のメロディーを思い出しながら力強く響く短いピアノソロに続き、第三楽章「今日もどこかで」は始まります。組曲全体に散りばめられていた、歌詞の一部でもある「今日もどこかで」に使われているメロディーにのせて、歌が昔も今も大切にされ、そしてこれからも未来へと続いていくだろう「歌への愛」を合唱が歌いあげていきます。

  本組曲が、合唱という音楽がつないでいる大切な思い出や絆を確かめるような楽曲に、そして今回の混声版をはじまりとして、女声や男声版といった、より広がりのある音楽になってくれれば嬉しく思います。

 

about the Commission and the Premiere

 Uta’ngoe-wa Kawarazu was commissioned by the Japan Choral Association for the 31st National Cultural Festival in Aichi 2016. It was premiered by Aichi Festival Joint Chorus conducted by the composer on Nov. 6th, 2016.


委嘱・初演に関して

 「歌声は変わらず」は全日本合唱連盟による委嘱作品で、初演は愛知県国民文化祭合同合唱団(指揮・佐藤賢太郎、ピアノ・渡部真理)により2016年11月6日、第31回国民文化祭・あいち2016合唱の祭典in愛知(名古屋文理大学文化フォーラム・大ホール)にて行なわれました。